保険を使って雨漏りしている屋根を直す方法

屋根が壊れてしまったり、飛ばされたりしてしまったりして、雨漏りすると、家の中に雨が入り込んできて、部屋の壁や天井が濡れてしまったり、ぽたぽたと水滴が落ちてきて、床や家具などが濡れてしまうのでとても大変です。


洗面器や雑巾を使って、きれいに片づけることができたとしても、天井裏や壁の内側などにまで、水分が侵入している状態なので、家の柱や梁、天井板などが劣化してしまうことになります。

人気上昇中のMBSニュースに関する有益な情報をご紹介いたします。

雨漏りがしている場合には、できるだけ早く、修理をする必要がありますが、屋根の修理に保険が使えるかもしれないので、保険会社に連絡してみることが大切です。雨漏りの修理を保険を使って行うことができるのは、風災といって、予期せぬ強風のために、屋根が飛ばされてしまったり、めくれたりなどした場合です。

屋根雨漏り修理に関する情報をまとめました。

小さな亀裂や屋根と壁のつなぎ目が壊れてしまった場合なども当てはまります。



保険を使うための条件は、風が原因で屋根が壊れてしまった、ということなので、古くなって、自然に劣化した結果起こる雨漏りは対象になりません。

古い家の場合、強風の時に雨漏りがしてきても、古いのだから保険が使えないのではないかと思う人がいるかもしれませんが、古くても、風を受けて壊れた場合には、適用になります。
破損した部分だけでなく、全部を直したいという場合には、全額ではないかもしれませんが、費用の一部が補償されることが多いので、まずは、連絡をしてみることをおすすめします。