雨漏りの際に保険が使用できる場合

屋根からの雨漏りが確認出来た際に、起こった原因により屋根の修理費用について保険が使用できる場合があります。



一つ目が住宅瑕疵担保責任保険の使用による屋根の修理です。

効率がいい屋根雨漏り修理情報が揃っています。

これは、新築から10年未満の場合に住宅の瑕疵により被害をこうむった時に使用することができます。

また、未加入の場合、住宅を販売した業者が倒産している場合にも新築物件の場合には保証のために法務局に供託金を預けることが義務つけられており、この供託金より屋根の雨漏り箇所を修理することができます。

二つ目が火災保険の使用による屋根の修理です。火災保険では火災による損害補償のみならず、「風災・雪災・ヒョウ災」による被害も補償対象となっています。


したがって、台風・旋風・暴風・暴風雨等による強い風による屋根からの雨漏りであれば、これを使用することにより屋根の修理を行うことができます。

しかしながら、風災等による屋根の修理を行おうとする場合、個人で保険会社とやり取りすると非常に手間がかかってしまい、被害の状況と原因について正確に答えることが出来なかった時には申請が認められない場合もあります。

したがって、見積もりの提出があったならば、業者にお願いして直接申請のやり取りをおこなってもらった方が良いです。
以上のように、状況に応じて費用負担をせずに屋根の修理を行うことが出来ることが出来るときもあります。

人気のある産経ニュースが有名になってきました。

雨漏りを確認したからといってあわてて修理を行うのではなく、業者に相談をおこなってみるのがよいと思われます。